プロミスの限度額変更審査について!

平日14時までにWEB契約完了で当日振込!

↓↓↓↓↓↓↓↓

お申し込みはこちらから
プロミスバナー

翌日から30日間無利息!

・プロミスのキャッシングなら初回ご利用日翌日から30日間内であれば、追加ご利用分についても、無利息の対象。
※無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ネットや電話から口座に振込み!

・パソコンやケータイ、スマートフォンを使って簡単なお手続きで振込キャッシングが可能なので、わざわざプロミスの有人窓口やATMまで行かなくてもOK。最短約10秒程度で指定口座への振込みが可能。
※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

ネットでいつでも申し込み!

・パソコン、ケータイ、スマートフォンから24時間いつでもネット申込みができる。

来店不要で即日融資も可能!

・プロミスのキャッシングなら、来店不要で申込も契約も可能、更に即日融資も可能です。
※申込の時間帯によっては翌日以降の融資となる場合もあります。

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で≪30日間無利息≫

↓↓↓↓↓↓↓↓

お申し込みはこちらから
プロミスバナー

プロミスなどの消費者金融はちょっとお金を借りたい時に手軽に利用できて便利です。予めカードローンを作っておけば、いつでもコンビニの中に置いてあるATMを使って現金を引き出す事ができます。しかしカードローンには借入限度額が設定されています。そしてこの借入限度額を超えてお金を借りる事はできない仕組みになっています。カードローンを作った当初にあまり多額のお金を借りる予定がなかった場合は、低めの借入限度額を希望して申し込みをするのが普通です。しかし事情が変わって大きな金額の借入が必要になるという事もあり得ます。

そういった場合プロミスでは借入限度額を変更する事ができます。しかしそれには限度額変更審査に通過しなければなりません。最初に申し込みをするときにも審査が行われて、それに通過しているという事から特に落ちる事はないと思っている人も多いでしょう。しかしプロミスは貸金業法の総量規制の影響を受けるため、年収額によっては限度額変更審査に通らない事もあります。総量規制では年収額の3分の1を超える無担保の借入ができないようになっています。これは他社からの借入も含めて判断されます。カードローンを作った時点で年収額に対してギリギリの設定をしている場合には、利用状況が良くても限度額変更審査に通る事は難しくなります。ただし、年収額が上がったというようなケースでは、限度額変更審査に通る事が可能です。その際には収入証明書の提出を求められるので、準備しておくと良いでしょう。

プロミスの貸付条件

融資額
500万円まで
契約額
契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
借入利率
実質年率 4.5%~17.8%
金利適用方式
単一金利
遅延利率
実質年率 20.0%
返済期日
毎月一定日
返済方式
残高スライド元利定額返済方式
返済期間
最終借入後原則最長6年9ヶ月
返済回数
最終借入後原則最長1~80回
利用目的
生計費(生活費/レジャー資金/教育資金など)に限ります。
担保/保証人
不要です。
申込み対象者
年齢20歳以上~69歳以下の方で安定した収入のある方(主婦、学生の方でも、アルバイト、派遣による安定した収入がある場合は申し込みが可能です。)
返済方式
残高スライド元利定額返済方式

このページの先頭へ